短期間で行う!ダイエットアーカイブ

ジュースを飲んでダイエットをするクレンズは、短期間で集中的にむくみをとってすっきりしたい人にベスト

短期間で集中ダイエットというと、どのくらいの期間を設定するのが現実的なのでしょうか。

数日間の絶食でげっそりしても、すぐに元通りになってしまいそう、元通りどころか、リバウンドという現象が起これば、以前よりも体重が増えてしまうこともありえます。

短期間のダイエットにはリバウンドのリスクがつきまといますよね。

そこで、数日間ではなく数週間のダイエット計画を立ててみます。

最低1カ月程度の短期間のダイエットです。

1カ月の生活習慣がつけば、2カ月、3カ月とダイエット習慣が継続するようになるかもしれません。

そうなると、太りにくい生活習慣が身に付いたということにもつながります。

デブ活からダイエット習慣への切り替えは、意識的に行わないと結果に結びつきません。

ダイエットの基本ルールは、夜はしっかり寝て朝は早く起きるということにつきます。

そんなことでダイエットになるのかと思う人もいるでしょうが、寝不足の人は身体にエネルギーを貯め込みやすく太りやすいです。

夜型に時間がずれこむと、どうしても夕食の時間も遅くなりますし、夜食などに手が伸びることも増えます。

朝早く起きるとお腹が空いている状態だと、朝食をしっかり食べられます。

時間があればスムージーやジュースを作ったり、サラダを加えたりと、朝の時間に余裕ができます。

トイレに出かける時間もしっかりとれますね。

一食を置き換えることもいいでしょう。

ムリにならない範囲で、朝の一回を置き換える、夕食を置き換えるという方法で、大幅に摂取カロリーを減らします。

1カ月続けるとかなりのダイエット効果が出るでしょう。

軽い運動を取り入れるのも大切です。

階段を使う、一駅歩く、ジムに通ってみるなど、自分が取り入れやすい方法で、意識して身体を動かすようにすると、エネルギーの消費量も増えます。

数日の短期間のダイエットと違うのは、継続できる方法で摂取カロリーを減らし、運動量を増やして消費カロリーを増加させることを、少しずつ行う点です。

リラックスして毎日を充実させていきましょう。

◇こちらもCheck!–>リバウンドを防ぐためのダイエット思考法 – 新刊JPニュース

ダイエットとは言えないかもしれませんが、太りやすくなりがちな要素を排除することで、痩せやすい習慣作りを行うことができます。

短期間に集中する対処法だけでなく、身に付けてむしろ習慣のようにしたいヒントです。

たとえば、ゆっくり食事をするというのは、ダイエットになります。

早食いだと何を食べたかわからないし、満足感に欠けます。

人は咀嚼することで唾液の分泌を良くし、消化も良くなります。

丸のみであわてて食べていると、勢いだけでも食べ過ぎてしまいそうです。

ゆっくり噛んで、いつもの倍、4倍と時間をかけて食事をしていると、食事の最中に満腹感が先に来て、全部食べ終えることができなくなるので、その分カロリーをセーブすることができます。

筋トレでは必ず腹筋だけでなく、背筋をセットで鍛えます。

お腹をへこませたかったら、背中にも気を使う必要があるのです。

猫背はぽっこりお腹の原因を作ることもあります。

背筋を伸ばして常にお腹を意識しているだけでも、ダイエットの効果はあがります。

姿勢をなおすことは骨盤などのゆがみを正すことにもつながります。

あまり運動は得意じゃないという人は、ぬるめのお湯にゆっくりつかる入浴方法もおすすめです。

むくみやすい人は身体が冷えやすいので、毎日の入浴で身体をあたため、汗をかいてむくみを解消するように心がけます。

マッサージなどでむくみやすい足をケアするのもいいですね。

短期間で結果がでなくても、少しずつ体質改善へ向かうための心がけです。